地域おこし協力隊ふるさとマルシェ

7月2日(土)、3日(日)に福岡のJR博多駅前広場で、
「おんせん県おおいた地域おこし協力隊ふるさとマルシェ」が開催されます。

竹田市協力隊として今回で2回目の参加となります。

前回の様子
前回の様子

マルシェという言葉は聞きなれないかと思いますが、フランス語で「市場」という意味です。
大分県内の地域おこし協力隊が、個人の作品や地域の物産の販売をし、市場調査や隊員同士の交流、地域のPRを目的に開催されます。
また、起業・定住を志向する隊員のステップアップの機会でもあります。

竹田市は対象施設で見せると温泉が無料で利用できるうちわや割引券の配布、加工食品の販売、陶芸作品、ポストカードの販売など、それぞれの協力隊の作品や関わりのある商品の販売を行います。

今日はマルシェに参加の隊員のうち数名が打ち合わせを行っていました。

大都会福岡での開催とあって、駅前を歩く人々に足を止めてもらい、販売・PRを行うということは簡単なことではありません。
その荒波に立ち向かおうとする協力隊の有志たちです。

7月2日(土)、3日(日)に福岡方面に行かれる際はぜひ、JR博多駅前広場の会場にお立ち寄りください!

 

おんせん県おおいた地域おこし協力隊ふるさとマルシェ
開催日時: 平成28年7月2日(土)10:00~20:00、7月3日(日)10:00~18:00
開催場所: JR博多駅前広場 小規模イベントスペース(福岡市博多区博多駅中央街1-1)