山本哲也さん個展「世界が形になるとき」のお知らせ

DM_表

山本 哲也さんの個展「世界が形になるとき」のお知らせです。

山本さんは現在、竹田市の地域おこし協力隊に所属し、TSG(竹田総合学院)を拠点にして創作活動やワークショップなどを行っています。奈良県出身で、関西の大学・大学院で彫刻を学び、創作活動をはじめ、2014年に縁あって竹田市に移住されました。

竹田市では竹田アートカルチャーなどで作品を発表してきましたが、自主企画での開催としては初となる山本さんの個展。今回は私もDM作成と動画作成でお手伝いさせていただきました。

山本さんの作品は身近にいる人やものをテーマにした作品が多く、お子さんや奥さんの彫刻なども数多く創作されています。遠くにあるもの、見知らぬものではなく、いつも近くにいる人や物事に、興味や関心を向けられているのでしょうね。

今回の個展では、彫刻作品や平面作品を展示されますが、作品の中には、お米作りの経験が大きく影響しているものも多いそうです。

山本さんは、「田圃をキャンバスと言い換えることもできる」言います。
キャンバスに絵を描く行為と、田植えをする行為とは山本さんにとって、かけ離れているものではなく、同様のものであるということでしょうね。

まわりの身近な世界を慈しむようにして生まれた山本さんの作品たち。
みなさんもぜひ会いにきてください。

会期中はオープンディスカッション「芸術作戦会議」(私たちどうやって食っていこう会)も20日(土)に開催されます。

ぜひ、ご来館ください!

 

山本 哲也 個展 「世界が形になるとき」

期間:2016年8月10日(水) ~ 8月21日(日) 9:00-17:00 最終日16:00まで 12日(金)、15日(月)休館
場所:市民ギャラリー水琴館(竹田市歴史資料館隣)

※お車でお越しの際は歴史資料館駐車場をご利用ください
tel: 0974-63-2200

オープンディスカッション「芸術作戦会議」 20日(土) 14:00-16:00
(私たちどうやって食っていこう会)参加・退室自由

 

編集:渡辺